ホーム広報紙「まいどっ!」≫2011年度第3号
もくじ
1ページ 2ページ 3ページ 4ページ

1ページ

東日本大震災義援金 募金活動の報告が掲載されていました。
少し古い報告ですので、ウェブでは、最新情報の特集記事、
東日本大震災募金活動特集をご覧ください。



 

2ページ

サークル ユニフォーム展示会!

港区サークル みなと Tシャツ


後ろ


都島区サークル みやこじま Tシャツ


西淀川区サークル 555
パーカー 前

後ろ


Tシャツ&キャップ


西成区サークル はぎ T シャツ&トートバッグ



 

3ページ

<投稿コーナー>
被災地へ行って… 阿倍野区 橋本恵実

 私は、7月31〜8月6日まで東北へ東日本大震災の復興ボランティアへ行ってきました。
 震災直後はまさか自分が東北まで行くとは思ってもみなかったのですが放送学科の関連で被災地に行った方々の話を聞いたり、大阪市の手話サークル有志の方たちと被災地にいるろうあ者のための募金活動などをして「自分の目で被災地の現状を目に焼き付けるとともに被災地の方の力になりたい」と思うようになり参加を決めました。
 東京からバスで移動し、途中のサービスエリアで念願の牛タンを堪能しつつ・・・笑岩手県の一関に到着、26人の仲間たちとアパート3部屋で生活しました。 
 初日の夜から余震があり少し怖かったですが作業の疲れからよく寝られた方だと思います。
 一関は被害が少ない地域だったので食料や洗濯は自分たちで調達できました。
 次の日から早速作業開始!宮城県の気仙沼と岩手県の陸前高田、気仙沼からフェリーに乗っていく大島というところに行きました。
 初日の気仙沼が最も匂いがきつかったです。
 作業は家( 倉庫らしき場所) のがれき撤去。依頼者の方は息子さんを津波で亡くしたそうです。
 2日目の陸前高田の街が一番衝撃が大きくて、被害の大きさを目の当たりにしました。
 テレビで見たことある映像も多かったのですが、思っていたよりもはるかに被害の規模が大きかったのです。
 テレビのワンカットだけでは全く収まりきらないほど、どこまで行っても何もないのです。
 私たちが普通に過ごしている街がまるごと津波に流されたものだと想像していただけるとわかりやすいと思います。
 3・4日はフェリーに乗って大島へ行きました。
 大島に向かう際に見えた沿岸部の景色もどこまで行ってもがれきばかりで胸が痛みました。
 そして大島で出会う方たちは喪服姿の方がとても多かったです。
 最終日は陸前高田の小学校にある図書の整理をしました。
 一週間共にした仲間たちも言ってたのですが、田んぼなのに生活感ある食器やぬいぐるみ・家があった場所であろう所に流されてきた船、自分の背より何倍もあるがれきの山・・・普通ではありえないものがたくさん存在していました。
 3月11日、私たちは地震があったことすら気付かない程の小さな揺れですみました。
 そして今では何も困らないで普通に生活ができています。
 そんな私たちが被災地にいる方たちのことを考えるのは難しいかもしれません。
 しかし私たちが普通に生活できていることのありがたさを忘れてはいけないのだと思います。
 生活できる家があって、大切なものがあって大切な家族や友達がいることはとても幸せなことなのです。
 東北まで行くことはなかなか難しいことですが、震災のことに関する情報はたくさんながれています。
 それにみなさんの耳を傾けてみてほしいのです。
 私も今回の経験を様々な方に伝えていけるようにしたいと思います。



サークル仲間のろうあ者の紹介をします! 西成区 サークルむつみ
 むつみサークルは毎週火曜日午後7時〜8時半に手話を学びたい仲間が集まり勉強しています。
 その中に毎回、集合時間より早く来て仲間のために椅子等のセッティングをしてくださるろうあ者の石井さんをご紹介します。
 生まれは北海道釧路で現在76歳、昭和17年4月に家族と離れ小樽市立聾唖学校に入学、17歳の時大阪に来ました。
 背の高い女性が好きですが良き人に巡り会えず独身中です。
 手話は正規に学んだのでなく皆が手話で話しているのを横から見て覚えたり、サークルに入ったりして学んだそうです。
 藤田工業株式会社というところに入社、ビルの鉄骨組み立て(高いところでの仕事です)として定年まで勤めました。
 趣味は登山、旅行、スケート、水泳、卓球と広い範囲で元気に頑張っておられます。
 登山歴は富士山、大山、立山、白馬岳、等・・・また近畿の山はほとんど踏破し旅行はまず世界聾唖者オリンピックの応援と観光です。
 第14回(昭和56年)にヨーロッパ13日間、第15回(昭和60年)にアメリカ7日間、第16回(平成元年)にニュージーランド16日間、海外旅行はフランス、イタリア、グァム、サイパン、韓国など23カ国国内旅行は小笠原の船旅、八丈島巡り、天草島、北海道等々、
 また全国ろうあ者大会にも観光を兼ねて出席、第12回福岡大会8日間、第13回札幌大会10日間、第18回熊本大会10日間、スピードスケートは選手として楽しみ、昭和37年長野大会(27歳)昭和38年長野大会(28歳)昭和39年長野大会(29歳)昭和40年長野大会(30歳)に出場しました。
 現在は仕事を離れ夏は水泳、特に肌の黒いのが好きなので屋外のプールに行きます。
 冬はスケートを浪速アイススケートで楽しんでいます。
 また随時卓球も楽しんでいます。
 現在石井さんには「手話は丁寧に表すこと」を第一に指導して頂いています。
 例えばイギリスを表す時は【世界+ イギリス】と表示するようにや、手話は動作を大き過ぎずに単語を丁寧に表すことなど・・・石井さんいつまでもお元気でサークルに参加してください。


 

4ページ

ご挨拶コーナー この1 年間広報を担当していただいた皆様のメッセージです

この一年は東北大震災の募金活動から始まりましたが
皆さんの何事にも積極的な行動力は手話上達にも
繋がっているのですね
港区みなと  松本・楠田・野張

今年度からツイッターを開始しました。情報発信を
より一層活発にし皆様のお役に立てる市サ連となるよう
努めてまいります( 堅い? ) フォローして下さいね〜(^-^)
大正区芦舟  中村岳人

今年度も新聞発行にご協力出来なくてすみませんでした。
毎回出来上がりの新聞を読むのが楽しかったです。
一年間有難うございました。
西淀川区555  井上 和子

23 年度は私事で多忙な一年だった為市サ連の打ち合わせ
にもあまり参加出来ず申し訳なく思っています。
ご担当の皆様には大変お世話になりました。私も新聞
発行を楽しみにしている一人です。
一年間有難うございました。
西淀川区555  松本 博子

この一年間、手話以外のことが忙しかったこともあり
積極的にサークルや市サ連に参加できませんでした。
活動されていた方たちにお礼申し上げます。
手話関係でもそれ以外でもいろんなことがありますが
手話の力もコミュニケーションの力も磨いていきたいです
城東区  金岡 郁恵

時の過ぎるのはあっという間で・・・どこかに
何かしら置き忘れてきた物があるような無いような。
日々この内容で良かったのか?と反省しております
城東区ひだまり  山崎

地元の活動の忙しい中一年間、皆さんのご協力によって
楽しい紙面作りができた事を感謝しています。
これからも各サークルの情報共有の場として『まいどっ!』
を発行して行きたいと思います。
中央区ともしび  安倉多津子

一年間まいど読者の皆さんありがとうございました。
数回のまいど新聞で各サークル情報や行事案内・報告
をしましたが楽しんでいただけましたか?
広報部では各サークルの色々な話や地域話で会議が
脱線?することもありましたが楽しんで作れました。
皆さんも来年は是非広報部に情報を載せてみては
いかがですか?お待ちしています
西成区はぎ  橋本

広報部担当としてできることとは?と思い、最近
「市サ連の活動予定ブログ」に運営委員会等で
お知らせしている色んな行事の案内をアップするように
しています。行事や学習会等の参考にしてくださいね。
福島区ふじ  田付 英子

早いものです。一年を過ぎようとしております。
市サ連の参加は初めてでしたが神戸防災センター見学
港区民センターでの早瀬憲太郎様の講演と楽しい
思いでを色々と有難うございました
西成区むつみ 細川

今年度は会議に参加するのが精一杯で広報の
お手伝いができませんでした。来年度は
頑張りたいと思います
都島区みやこじま 渡辺・中野・小谷

編集後記
2011年度第3号《まいどっ!》のお届けです!
皆様にお知らせをひとつ。今年から市サ連ではツイッターを始めました。
ツイッターのアカウントがある方は是非「@shisaren」をフォローして下さい。
市サ連や加盟サークルなどの情報が配信されます。
またアカウントがない(登録をしていない)方も市サ連のホームページで読む事が
できます。ホームページのリンクから「ツイログ」のページへいくとブログの
ように見ることもできます。今後もホームページ、ツイッターで情報を
発信していきますので、ご利用宜しくお願いします。


 

   
inserted by FC2 system